2024 i:to:ten 小樽

市立小樽美術館 2階企画展示室


35人の精鋭がガラスの街・小樽に大集合

 アートとしてのガラス制作は1960年代以降世界的な広がりを見せ、大胆な発想や新たな技法、地域の伝統などに立脚した多彩な作品が生み出されてきました。日本では1970年代以降、個人工房の増加、教育機関の充実、美術館における展覧会開催などを通じて活況を呈し、近年では日本が国際的なガラスアートの牽引役といえるほどの充実ぶりを示しています。
 
 また小樽でも明治以来、浮玉やランプ製造などの産業があったところへ1970年代以降、ガラスショップやガラス工房、ガラス美術館が相次いで誕生し、「ガラスの街」として全国的にその名を知られるようになっています。
 
 本展は、精力的な活動を行っている現代日本を代表する35人の作家の最新作を一堂に展覧することにより、ガラスアートの多彩な魅力と豊かな可能性を広く紹介するとともに、ガラスの街・小樽のさらなる活性化を図るものです。

2024年7月  代表:谷 祥一・西 悦子

EVENT INFOMATION

開催期間2024.07.6(土)〜2024.09.16(月祝)
会場市立小樽美術館2階企画展示室
主催市立小樽美術館|企画協力:アートグラス集団|後援:市立小樽美術館協力会
出品者朝倉 祐子家住 利男池本一 三磯谷 晴弘今井 瑠衣子上前 功夫内田 守大澤 悠介小田橋 昌代加倉井 秀昭勝川 夏樹北 泰子|小曽川 瑠那|神代 良明郡 和子小島 有香子下嶋 理依子高田 賢三谷 祥一玉田 恭子張 慶南手代木 チカ中川 晃鍋田 尚男新倉 晴比古新實 広記西 悦子長谷川 秀樹ホンムラ モトゾウ森﨑 かおる山野 宏横山 翔平吉田 成美渡辺 ゆう子

ACCESS

横浜赤レンガ倉庫1号館
〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目9−5   開催時間 / 9:30 – 17:00  定休日:月曜日

MEMORIES